離婚に関するお金について相談したい

心のデトックス

離婚について頭を整理したい

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像
S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

「離婚」という言葉が頭をよぎると、いろいろな思いや疑問が湧いてきて、心が重くなりますね。

あんなに愛して生涯の幸せを誓って結婚した人との愛情が続かなかったのはなぜだろう。

グルグルと思いが巡り、結論を出せないのがもどかしい。それはそのはずです。

人生最大の決断ともいえる出来事を終わらせるということなのですから。

自分の選択が間違っていたと悔やみ、トンネルの中で前が見えないような気持ちです。

とはいえ、このまま同じ場所でグルグルしているわけにもいかないし、頭の整理のために、誰かに相談してみようかと思います。

誰に相談するのが良いか

お金のことを相談したい

慰謝料、財産分与など、離婚に関わるお金の問題は山積みです。

状況により金額も変わってきますし、人によって条件が違いますので、自分ではわからないことが多い部分です。

慰謝料にしても財産分与にしても、知らないともらい損なうこともあるでしょうし、調停や裁判になってしまったら、専門家に依頼しないと手に負えません。そうなると費用も高額になってしまいます。最初から的確なアドバイスをもらって、スムーズにことを進めたほうが良いパターンも多いようです。特に簡単に支払ってくれなそうな相手の場合は、相談してみるほうが良いかもしれませんね。

離婚問題のお悩みは一人で悩まず経験豊富な専門家に相談しましょう。

離婚・住宅ローン対策センターで名義変更・連帯債務・連帯保証の問題を解決します。

相談まで時間がかかる場合もありますが、無料相談が可能な団体もありますので、利用してみると良いでしょう。

法テラス

日本弁護士連合会

浮気が疑われる場合

悔しいし、恥ずかしいし、情けなくて、誰に相談して良いか困ります。

誰にも言えない話だからこそ本当に安心して頼める所へ

仲の良い友人の中には相手に掛け合ってくれたり、怒鳴り込んでくれたりする人もいるでしょう。

もし、まだ確証がない場合は、慰謝料を増やしてもらうためにも証拠を集めておくことをお勧めします。

” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener”>全国最大級の探偵紹介サイト!街角相談所-探偵-

状況にもよりますが、慰謝料が倍の金額になることもあるそうなので、闇雲に自分で動いて元も子もない悲しい結末を迎えるより、お金が解決してくれると割り切って、証拠を集めたほうが得策なこともあるでしょう。

*正確には、浮気ではなく、民法上の「不貞行為」の被害者としての慰謝料請求になります。

子どもの親権・養育費について

お金の問題と並んで、離婚後の問題として大きなものに子どもの親権に関することがあります。DVの場合等は子どもと一緒に避難する事ができるシェルターに関する情報提供や法律的な相談を、地域の市役所や区役所で受け付けています。無料で相談できますので、利用してみると良いでしょう。

併せて事前に知っておきたいのが養育費のことではないでしょうか。最初しか払ってもらえなかったとか、全く送ってもらえないなどとひどい話を聞きますが、養育費は子どもたちの権利です。成人するまではしっかりいただきたいものです。

離婚のメリット・デメリット

お金や法律のことが少し整理できてきたら、離婚のメリットとデメリットのどちらが心の中で大きな割合を占めるのか考えてみると良いかもしれません。

デメリット・痛み

・別れた後の経済的な生活が心配

・住む場所の心配

・引越しの煩雑さ

・子どもの親権問題

・世間体

・役所、不動産の手続き等

メリット・喜び

・嫌な相手と同じ空気を吸わなくて良い

・嫌な相手との言い争いがなくなる

・嫌な相手と同じお墓に入らなくて良い

・相手の経済状態によるが、高額の慰謝料をいただける

・精神的苦痛の減少

・何を言っても伝わらない相手との不毛な会話がなくなる

離婚に対する世間の目と自己犠牲

離婚に関して、「子どものために私が我慢すれば何とかなる」と考える人がとても多いですね。世間体も大きな壁となります。まだまだ家と家のお話と考える人が多いので。

いろいろなデメリットを考え、乗り越えずに我慢してしまう人が多いのに驚きます。

もし、力を振り絞って離婚を選択したとしたら、あなたを待っているものは何でしょう。

私の周りの離婚経験者は「幸せな生活」と答える人ばかりです。

決断ができずに悩んでいた時には信じられない世界です。

離婚への不安を勇気を振り絞って乗り越えた人、世間の目の枠を破った人は幸せに向かうことができます。

未来への不安などという生やさしいものではなく、命の危険を感じ、有無を言わさず離婚に突入せざるを得なかった人。

中には離婚に臨む準備をしていたのに、深く自分をみつめ始めてみて、

気づくと元サヤにおさまった人も多くいます。

選択は人それぞれ違います。

私は、みなさんに離婚を勧めているわけではありません。幸せを勧めています。

その人の幸せな生活を手に入れるためには、ただ闇雲に先に進めば良いだけではありません。

幸せを選択する秘訣は、周りの人の期待に応えるのではなく、

どれだけ自分のことをわかっているか、状況の把握ができているかがポイントです。

そして、どれだけ自分のことが好きかがポイントです。

「私は幸せ」と言い切れる人は、自分のことが大好きです。

自分のことが大好きだから、自分が好きなことや

自分の好きな時間を、自分にプレゼントできる。

「自分の好き」がわかると、生きるのが楽になります。

自分の好きがわからない人は、「自分の嫌い」を周りから無くしていくことから

スタートしてみると良いかもしれません。

離婚について考えていてもグルグル回って結論が出ない時、

嫌いなものをひとつづつ排除していくともつれた糸がほぐれ始めますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました