ウィルス対策に頼りになるマヌカハニー

心と身体のデトックス
スポンサーリンク

毎年インフルエンザが流行する時期に毎日スプーン1杯摂っています。おかげで注射なしで、何年もインフルエンザにかかったことがありません。他のウィルスもやっつけてくれる効果があるマヌカハニーの働きに期待しています。

スポンサーリンク

マヌカハニーとは

マヌカハニーとは、ニュージーランドに咲く「マヌカ」という木の花から取れる蜂蜜です。マヌカとは、ニュージーランドの先住民マオリ族の言葉で、「復活の木」という意味です。マオリ族の人々はマヌカの木の花、葉、樹液の様々な効能を知り、人々の健康を守るために使ってきました。

マヌカハニーの生産地

マヌカの木はニュージーランド原産で、一部オーストラリアにもありますが、大部分はニュージーランドにあります。そして、蜂蜜が取れるのは花が咲いている4週間だけということですので、とってもとっても貴重な蜂蜜なのです。

マヌカハニーを食べると

そもそも蜂蜜には高い抗菌成分や体内のビフィズス菌を増やす成分があることで知られています。

マヌカハニーは普通の蜂蜜が持つ殺菌成分に加えて、「メチルグリオキサール」が巣の中で生成されることにより、普通の蜂蜜の2倍の殺菌作用がある成分が作られるのです。

悪玉菌を退治して、ウィルスの除去に効果があるので、病気にかかりにくくなり、腸の調子も良くなりと、良いことづくめの優れものです。

メチルグリオキサール

メチルグリオキサールという成分は、胃の中のピロリ菌を除去するのに効果が高いと言われています。

また、腸の大腸菌などの悪い菌を見分けることができて、悪玉菌は殺し、善玉菌は残すという賢い働きをしてくれる素晴らしい成分なのです。

マヌカハニーの種類

マヌカハニーが気になって、購入を考えたことがある方、すでに購入された方はご存知かと思いますが、マヌカハニーを選ぶのは少々難しいです。

なぜかというとマヌカハニーの製品には、数字とアルファベットが色々書かれているからです。

ニュージーランド政府が、マヌカハニーの偽物が流通するのを防ぐために、いくつかの認証機関を設けています。

各認証機関の使うアルファベットと数字が異なることが私たちの混乱を生じているのかと思います。いずれも数字が大きい方が抗菌作用が高いという意味になります。

以下に、各認証機関の表示についてご説明しておきますね。

UMF(Unique Manuka Factor)

UMFは、元祖認証機関UMFマヌカハニー協会の規格です。イギリスのピーター・モラン博士によって設けられた指標です。マヌカハニーの抗菌力を消毒液と比較してつけられた指標です。

加盟する生産者を制限し、しっかりとした検査にトレーサビリティまで管理しているため、品質には定評があります。

MGO(MethylGlyOxal)

ドイツのトーマス・ヘンレ教授が発見した抗菌成分メチルグリオキサールの1Kgあたりの含有量を元にした指標を使っています。MGO100+なら、1KGあたり100mlのメチルグリオキサールを含むという意味になります。数字が大きければ、含有量が多いということになります。

MGOは、ニュージーランドのManuka Health社の登録商標です。

MGS(Molan Gold Standard)

UMFを規定したモラン博士が新たに設定した規格です。UMFマヌカハニー協会を離れ、より正確な指標を目指して設定されました。

この規格は、抗菌成分の含有量だけではなく、加熱処理をしているか、添加物の有無、純度等の検査も行う、現在一番厳格な機関と言われています。

この規格は、他の認証機関に属しているマヌカハニーも検査を受けることができるため、市場の公正性を高める役割も担っていると言えます。

おススメ♡マヌカハニー

医師も驚く!! 天然活性物質MGOマヌカハニーは健康の源です。 
ニュージーランドの人里はなれた大自然から採れた幻のハチミツ!! 
非常に活性度の高いブレンドによる他の量産品とは全く異なり
どなたが利用頂いても必ずその有用性がすぐ実感できる製品です。

マヌカハニーを使ったエステ

まとめ

現在世界中がコロナウィルスのワクチン開発を心待ちにしている状態です。

ワクチンができて接種をするかどうかはその時決めるとして、体内に入った体によくないものは、できれば自力でデトックス したいですね。

そんな時、マヌカハニーはとても力強くサポートしてくれる食材です。はるかニュージーランドのミツバチたちに感謝をしながらいただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました