人との別れは寂しいけど、別れの後には出会いがあるよ

心のデトックス

最近、悲しい別れはありましたか?

私たちの日常は

人との「出会い」と「別れ」から

成り立っています。

「出会い」と「別れ」が私たちの人生の

素敵なドラマを織りなしています。

感動的なドラマあり、記憶にも残らないドラマあり。

私たちの人生では、実に様々なドラマが繰り広げられているのです。

人との別れ・離別

人との別れ、離別について考えてみました。

別れにも色々な種類があります。

あなたの方は、ずっと一緒にいたいと思っているのに、

別れを告げて背中を見せる恋人やパートナー。

長年少しずつ少しずつ積み重ねてしまった不満が爆発して、ついに縁を切ることになってしまった家族・親戚。

小さなことから喧嘩して、いつしか会うことがなくなってしまった友人 。

忙しくて会う時間がなくなり、いつの間にか疎遠になってしまった人 。

あることでなんとなく気まずくなって離れてしまった人 。

卒業・退職で強制的に離れさせられる長年時間を共に過ごした人々。

この世を去っていく人。。。。

人生が長くなる程、ドラマは積み重なっていきます。

人があなたから離れて行くとき

人があなたから離れて行くとき、あなたは、悲しくて寂しくて辛い気持ちになるかもしれません。

もう2度と会えないと思うと、悲しすぎて塞ぎ込んでしまったり、

長い間悲しみを心にしまいこんでしまうかもしれません。

1日に何回も、一緒にいた時間や場所を思い出したり、相手が好きだったことを考えたり、もらったものを手放せずにいるのかもしれません。

こんなふうに考えてみたらどうだろう?

これは、一つの考え方の提案です。

これからは、人と離れることについて、

こんなふうに考えてみたらどうでしょう?

私たちが持っている時間は限られています。

知り合った人全員といつも時間を共有するのは

実際には不可能です。

人があなたから離れていく時、それは、

これからあなたに訪れる新たな出会いのための、

時間と心のスペースを作るタイミングが来たに違いない。

新しい人と出会うためには、

今周りにいる人と過ごす時間を減らしたり、

いつもの生活に費やす時間を減らして、

時間を作らなければいけませんよね。

時間は有限なのですから。

そして、心のスペースも。

それ程親しいわけではないレベルの人達が

何となく疎遠になり始めたら、

「これは新しい出会いのチャンスだわ!」

と思ってみると、きっと素敵な変化がすぐに訪れることでしょう。

そう考えることで、あなたの波動が高まり、良い人を引き寄せるはずですから。

そして、別れたくない人が自分のもとを去っていった場合は、

次の出会いへの一つのステップだと。

あなたの人生は、あなたが主役のドラマ

ドラマの主人公がいつも幸せで、周りはいい人ばかりで、悪いことは一つも起こらず、誰とも別れることはない、ハッピーエンドのドラマ。

そんなドラマから何か人生の学びを得ることができますか?

あなたの周りにいる人達はあなたの人生というドラマの脇役たちです。

脇役たちはあなたを人生のステージごとに引き立ててくれる為に

出演しているのです。

あなたの人生の主役はあくまであなたです。

辛い、悲しいことを経験したからこそ、

いろいろな悩みを乗り越えるからこそ、

そのあとの人生が輝いてきます。

人との辛い別れを経て、新しい人との出会いが訪れます。

楽しい別れもあり、悲しい別れもあり、壮絶な別れもあるからこそ、

その後に訪れる幸せが輝いてくるのです。

去っていった人に固執していると新しい出会いを見逃してしまう可能性があります。

今よりもっともっとあなたにぴったりな人との出会いを見逃さないように。

あなたから人が離れていくとき、心の中でそっと

「今までずっと、ありがとう。

たくさんの学びをくれたね。

私の人生に華を添えてくれてありがとう。」

と感謝の気持ちと愛を送ってみましょう。

ぽっかりと空いたその空間に

新しい出会いや出来事という大きなGIFTが

プレゼントされますよ!

いきものがかりのYELLのように、

別れは寂しいこともあるけど、

お互いのスタート。

涙のさよならでは無く、

未来へ向かう「さよなら」💏

あなたも、素敵な別れを経験して、

成長していきましょう^^

Love Infinityは、成長するあなたの背中を押すオンラインライフコーチングをしています。

オンライン・ライフコーチング
現状を把握し、人生の目標(ゴール)設定をコーチングで導きます。自己肯定感が低く、設定が難しい場合には、自己肯定感を高めるところからご一緒させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました